ニュース・お知らせ

ニュース・お知らせ

  • 2020.10.30

    新型コロナウイルス対策で共同研究開発品が採用されました。

    塩尻市文化会館・レザンホール(塩尻市大門)の新型コロナウイルス感染症拡大防止策として、信州大学工学部とアシスト&ソリューションの共同研究開発品「セラコート・ワン」が採用されました。

     

    「セラコート・ワン」は、信州大学工学部の特許技術である「暗所抗菌・可視光性酸化チタン光触媒」を使用。 強い抗菌性、におい除去、有毒ガス分解、空気清浄化等の効果があり、一度施工すると長期にわたる性能維持が可能です。

     

    ホール座席・手摺のコート施工は、アシスト&ソリューションが担当いたします。

     

    ■10/27(火)に、セラコート・ワン施工状況がプレスに公開されました。

     

    施工作業の様子

     

    施工を終えたレザンホール内

     

    ■株式会社 アシスト&ソリューション
    https://www.a-solution.jp/

     

     

    ■〈エイジェックグループでは〉———————————-

     

    グループ法人・都市環境整美(株)において、 施設の広範囲除菌サービス、サーモグラフィを設置し入場者の検温チェックなどに対応しております。 グループ各社の連携で、新型コロナウイルス感染症拡大防止策をサポートしています。