資格取得実績 保全

資格取得実績 保全

IT

保全系

資格名概要保有者数合計
機械保全技能士特級機械保全とは、工場の設備機械の故障や劣化を予防し、機械の正常な運転を維持し保全するために重要な仕事で、各種製造現場の共通的な作業です。検定に合格すると「機械保全技能士」と名乗ることが出来ます。0887
機械保全技能士1級2
機械保全技能士2級292
機械保全技能士3級593
品質管理検定1級日本のほとんどの企業では、品質管理が実施されています。この品質管理を実施するためには、そこで働く人々の品質管理に関する意識、能力、改善力が必要です。そこで品質管理に関する知識をどの程度持っているか、全国で筆記試験を行い、客観的に評価を行います。1425
品質管理検定2級16
品質管理検定3級408
自主保全士1級自主保全とは、生産システムの効率を高めるために、設備を使用するオペレーター自身が行う保全活動の事です。
これにより生産効率を阻害するロスを排除し、またそのための改善活動を進めることで、設備あるべき姿に保つと共に、設備に強い人づくりにもつながります。
13479
自主保全士2級466
消防設備士乙1類劇場、デパート、ホテルなどの建物は、その用途、規模、収容人員に応じて屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、自動火災報知設備などの消防用設備等又は特殊消防用設備等の設置が法律により義務付けられています。それらの工事、設備等を行うために必要な資格です。8105
消防設備士乙2類0
消防設備士乙3類0
消防設備士乙4類32
消防設備士乙5類2
消防設備士乙6類48
消防設備士乙7類15
産業用ロボット特別教育インストラクター運転中の産業用ロボットに労働者が接触すると死亡災害等大きな災害につながりかねません。
このため、産業用ロボットについては、その教示等及び検査等に係る機器の操作の業務に従事する者に対して、事業者は「教示等」及び「検査等」に係る特別教育を行うことが法律で義務付けられており、ロボット作業に従事するほとんどの方々が特別教育の対象となります。
26
消防設備士甲特類消防設備士の資格分類で上位の甲種消防設備士は、消防用設備などの「工事」「設備」「点検」すべての業務に従事できます。020
消防設備士甲1類7
消防設備士甲2類2
消防設備士甲3類1
消防設備士甲4類9
消防設備士甲5類1
機械検査技能士1級生産現場の各工程における精度測定・検査や、作動機構などの幅広い知識を問う試験。12
機械検査技能士2級1
電子機器組立て技能士1級工業製品に組み込まれている電子機器の、組み立て・修理に必要な技能や知識を対象としています。12
電子機器組立て技能士2級1
ロボットSI検定3級ロボットSI育成の一環で、必要な知識・技能を確認します。1

認定職業訓練校ロボットサイト

© AGEKKE GROUP ALL RIGHTS RESERVED.